且 優矢

「健康」と「自由」の両立を提案していきます!

記事一覧(74)

あなたの健康のために

【必見です!あなたの健康のために】あなたの身体にいるバクテリア。そのバクテリアは酸素を使ってエネルギーを作る方法を身につけ、もう1つの細胞に組み込まれ、10億年の間に進化し人間を形成した。このバクテリアはいまだに私たちの細胞にあって、細胞の成長に必要なエネルギー源「ATP」を作り続けている。このバクテリアは、人間の感覚を秒単位で支配している。このバクテリアが今なんと呼ばれているか?ミトコンドリアだ。平均なヒトの細胞は数百〜数千のミトコンドリアを持つ。細胞がとても多くのエネルギーを要する部分ー脳、網膜、心臓ーでは約1万個のミトコンドリアを有する。人間の身体には1000兆を超えるミトコンドリアが存在し、その数は腸內にいるバクテリアより多い。そして、僕らの呼吸器系・循環器系ー肺、心臓、血管ーはミトコンドリアが私たちを生かし続けるエネルギー「ATP」を作れるよう、酸素を届けるために存在している。ミトコンドリアが効率的にエネルギーを作れば、心身のパフォーマンスが高まり向上する。ミトコンドリアが担う最も重要なことは、私たちが食べたものからエネルギーを引き出し酸素と組み合わせて「ATP」を生成することである。人間のほぼ全細胞が機能するために「ATP」を必要としている。これなしには生き殘ることができない。人間は食料なしでも數日は生きられるが、「ATP」がなくなるとあっという間に死んでしまう。このエネルギーこそがあなたのパワーだ。身体に組み込まれた1000兆ものミトコンドリアが、実際に私たちをコントロールしている。ミトコンドリアには、全身すべてのシステムと機能のためのエネルギーを生成するほかにも重要な仕事がある。細胞間のシグナル送信、細胞分化、細胞の成長と死のサイクルの管理などだ。ミトコンドリアはあらゆるパワーを生み出し、何が生きて何が死ぬのかをきめているようだ。心臓はそのエネルギーを使って血液を全身に送り、脳はそのエネルギーを使って考え、学び、記憶し、決定を下す。脳の膨大なミトコンドリアは「ATP」の生成にたくさんの酸素を必要とするから、心臓のミトコンドリアが効率よくエネルギーを作らなければ、脳は身体のどの部分より先にエネルギー不足に悩まされることになる。ニューロン(神経細胞)にエネルギーの問題がある場合には、認知障害をおこしたり頭がぼんやりする。心筋細胞のミトコンドリアに欠陥があれば心不全を起こしたり疲れたりする。筋細胞がエネルギーを作れないときは、線維筋痛症や慢性疲労症候群がみられる。身体の重要なシステムのすべては、機能するためにミトコンドリアに頼っている。ミトコンドリアが体内の重要なシステムをコントロールしているのだ。※「HEAD STRONG シリコンバレー式頭が良くなる全技術」より抜粋